子どもの近視

子どもの近視抑制治療

お子様の近視進行を抑制する目薬があります

近視の子どもは成長する間、眼軸長(角膜から網膜までの眼球の長さ)が伸びて近視が進行します。成長が止まれば、近視の進行は止まります。

Myopine(マイオピン)は子どもの近視の進行を抑制することを目的に開発された、副作用のほとんど皆無の点眼薬です。子どものころに近くを見ることがおおくピントがずれると治ることがありません。なのでこどものころから予防することがとても重要になっています。成長する間、近視は進行しますので、女子は小学校、男子は中学校まで続けてあげるのが良いかもしれません。

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びししまう(眼軸長が伸びる)、ピント位置にずれが生じることが多くあります。近くを見る行動が多く、習慣化してしまうと近視になりやすいのです。やっかいなことに、一度、眼軸長が伸びてしまうと元に戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制する上で重要となります。

マイオピン点眼薬が選ばれる理由・特徴

マイオピンの点眼薬は、近視の進行を遅らせる点で、統計敵、臨床的にも広く効果が認められている治療法の一つです。

 

  • 近視の進行を平均約60%軽減させる
  • 日中の光のまぶしさに影響されないため、サングラス着用がほぼ不要
  • 手元をみる作業がにほとんど影響を与えませんので、近用の眼鏡もほぼ不要
  • 非常に簡単な治療法(毎日必ず就寝前に1滴点眼)
  • 各容器(1本・5ml)は両眼用に1カ月間の使い切り
  • 本製品はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造

マイオピンの安全性について

以下の報告内容が研究結果により認めれています。
※シンガポール国立癌化センター(SNEC)のアトロピン0.01%点眼薬を2年間継続した研究結果

 

1、アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はなし

2、眼圧に影響しない

3、白内障形成の影響なし

4、点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうということもなし

5、電気生理学上、網膜機能への影響もなし

費用について

1本 3,000円(税込)
※1本なら1カ月で余ると思いますが、衛生面を考慮して1カ月で新しいものにすることをお勧めします。
TEL:072-800-6137 PAGETOP
PAGETOP
sp_footer_tel.png